リハビリ施設をどう選べばいい?

脳梗塞からの復帰を目指して活用するリハビリ施設の選び方を紹介しています。

脳梗塞リハビリ施設の賢い選び方は?

脳梗塞や脳卒中、脳のケガや骨折などからの回復は、手術をしたから大丈夫、日常生活に戻れるというわけではありません。むしろ、発症後のリハビリテーション次第で機能回復が決まるといえるほど。

病院やデイサービスのリハビリは、保険の範囲で指定されている時間・回数しか受けられないので、麻痺した部分を動かすことよりも、現状でより自由に動く部分で代用するための訓練がメイン。

麻痺部分の可動域を広げて社会復帰するためには、より長時間・回数多くリハビリが必要。

そういった際に、自費のリハビリ施設を有効活用できるのです。

時期ごとの施設の選び方

脳梗塞発症から間もない、急性期のリハビリは1~2週間程度です。この時点では、脳梗塞の治療のために入院した病院に任せてしまってよいでしょう。

急性期が過ぎると次は回復期と呼ばれる次期に差し掛かります。その際、リハビリ病棟(病院)や介護老人保健施設を勧められるかもしれません。

最初に入院した病院にリハビリ病棟がない場合、発症してからそんなに間が空いていない限り、他のリハビリ病院への転院はそれほど難易度も高くないでしょう。

ただ、症状がそのリハビリ病院が掲げる症状に該当しない、もしくはリハビリ病院での入院期間が終了しているとなると、自宅へ戻るためのリハビリを行なう施設を探すことになります。

老人保健施設への入所には介護保険の申請が必須なので、入院中に早めに手続きをしておく必要があります。

老人保健施設もリハビリ病院も、基本的には期限は3ヵ月。その後は自費でのリハビリ施設となるので、回復期リハビリが始まったら、早めに自費のリハビリ施設の情報を集めておくといいでしょう。

リハビリを効果的で円滑に行なうためには、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、介護士、歯科衛生士、社会福祉士など、リハビリに関わるスタッフ間での情報が共有されている事が必要。

また、その施設が何をリハビリ訓練と考えているかも大事。日常生活の再現やリハビリ訓練時間だけでなく、起きてから寝るまでをリハビリと捉えているかも見ておきましょう。

精神症状がみられる場合は精神科のある病院に

脳卒中の後遺症には、四肢麻痺や言語障害だけでなくせん妄などの精神症状によるものもあります。大声で叫んだり、物や壁を叩く、徘徊などの症状がみられる場合は、リハビリ病院や老人保健施設、介護付有料老人ホームなどへの入居が困難になります。

また、こうした症状には、精神科専門知識を持つ職員がいない病院では適切な対処ができませんので、すみやかに精神科のある病院に転院を検討しましょう。

状態によって適切な薬物治療などを行ないますが、人によって効果の出方は異なり、薬との相性を調整することからも3~6ヵ月と長い時間がかかることは覚悟しておく必要があります。

脳梗塞
リハビリステーション
船橋
基本
プラン
費用
293,760円
※120分×16回
基本
プラン
以外の
費用
220,320円
※90分×16回
146,880円
※60分×16回
電話
番号
047-464-7774
出張リハビリ
送迎対応
運動療法の他、電気療法や光線療法によるリハビリを提供。最寄り駅までの送迎にも対応可能。

電話で
問い合わせる

千葉県内の脳梗塞
リハビリ施設を
費用で比較!

脳梗塞
リハビリセンター
西船橋
基本
プラン
費用
297,000円
※120分×16回
基本
プラン
以外の
費用
公式サイトに記載なし
電話
番号
047-468-8422
出張リハビリ
送迎対応
運動療法を中心に、鍼灸でのリハビリを提供。言語聴覚リハビリにも対応可能。

電話で
問い合わせる

千葉県内の脳梗塞
リハビリ施設を
費用で比較!

脳梗塞
リハビリステーション
PROGRESO
基本
プラン
費用
297,000円
※90分×16回
基本
プラン
以外の
費用
公式サイトに記載なし
電話
番号
043-306-5255
出張リハビリ
送迎対応
90分間マンツーマンの運動療法によるリハビリを提供。成果を感じられない場合の返金保証あり。

電話で
問い合わせる

千葉県内の脳梗塞
リハビリ施設を
費用で比較!

   

♦脳梗塞リハビリのリスクについて

リハビリを行う際、転倒して負傷する可能性があります。運動の強度にかかわらず、リハビリを受ける際は、必ず指導員の指示に従ってください。

♦脳梗塞リハビリの費用・期間について

病院でリハビリを受けた場合、入院1日あたり保険が適用されて2000円程度、保険が適用されない自費の施設でリハビリを受けた場合は、1回あたり1万8000円程度が一般的と言われています。 リハビリの期間や費用は、個人の症状やクリニックによって異なるため、各病院・施設に直接お問い合わせください。